クロミッドが少子化を救う!排卵誘発剤で気軽に避妊治療

クロミッドが少子化を救う!排卵誘発剤で気軽に避妊治療

少子高齢化の打開策にクロミッド

日本の少子高齢化にストップを掛けなければ、今後の日本は発展途上国に成り下がってしまう危険性があります。
現在の保険や年金制度は、高度成長期時代に設計された仕組みであり、高齢者と生産年齢事項の逆転により、年金の受給年齢は遅れ、適切な保険制度が崩壊して介護もままならない状況になるでしょう。
男女共働きにより個の主張が強くなった事が婚期遅れの原因だと思いますが、そうした中にも結婚して子供に恵まれない方々も多数存在しています。
片一方では、子供を卸している若者が多い中、欲しくても授かれな夫婦も多い矛盾な世の中です。
また仕事ストレスによる不妊症も大きな原因です。
日本人の食事は、戦前と高度成長期で大きく変わり肉類やファストフードが体質さえも変化させてしまったようです。
子供が出来にくい方にお勧めの不妊治療薬は、排卵誘発剤のクロミッドという医薬品で性腺刺激ホルモンを増やす効果があります。
月経1日目から約5日間を連続で服用する事で、性腺刺激ホルモンが増えて排卵率を向上させます。
結果、妊娠確率も服用前の3倍以上に達し、子供を授かる事に近づくのです。
男性が服用する事でも、性腺刺激ホルモンが睾丸に作用し精子増加に効果的と言われています。
私のあくまで所見ですが、結婚とは彼氏彼女の付き合っている延長だけではなく、お互いの子孫である子供を養い、一緒に苦労を共存していく事だと思います。
2名の子宝に恵まれ、付き合っていた時には見えなかった彼女の母性本能や責任感、私は家計を守る責任を十二分に感じながら、日々幸せを感じています。
私の友人も結婚して数年、子宝に恵まれず苦しんでおりました。夫婦間で責任の擦り付け合いや思考の擦れ違いから破たん仕掛けていましたが、不妊治療を試みた結果、半年で子宝に恵まれました。
今では最高の不妊治療薬として、排卵誘発剤のクロミッドを周囲の夫婦に進めているようです。
クロミッドの主成分は、クロミフェンクエン酸で排卵障害を改善し、性腺刺激ホルモンを増加させる作用があります。
副作用は、発疹や精神変調、食欲不振や腹痛などありますが、服用になれれば軽減されます。
女性ホルモンを活性にする働きがあり、不妊治療に適しています。
最近では、海外医薬品サイトから個人輸入する通販で購入する若者も増えてきているようなので、少子高齢化の改善に一役かって頂ければと思います。

排卵誘発剤のクロミッドを通販する|お薬110番

▲ PAGE TOP