排卵と妊娠の関係

排卵と妊娠の関係_01

女性の卵巣は下垂体から分泌されるホルモンの命令を受け、卵胞の中で卵子を育てています。

卵胞は月経の初期では8mmぐらいの大きさですが、約二週間掛けて18~20mm程度まで育つと、卵胞の皮が破け中から卵子が飛び出します。
これが排卵と呼ばれるものです。

飛び出した卵子は子宮に繋がっている卵管へと吸い上げられます。
そこで卵子が精子と出会い受精し、その後受精卵となり子宮内へと移動し、子宮内膜に着床する事で妊娠が起こります。

ですから妊娠するにあたって、一番最初の大事なプロセスが排卵となるわけです。

排卵は概ね、次の月経が始まる約二週間前に起こります。
基礎体温をつけている方は、ご存知かと思いますが、通常であれば基礎体温が低温期から高温期になる境界の日に排卵がおきると考えられます。

排卵の起きる4日前から妊娠する可能性は徐々に高まり、排卵の2日前から排卵日前日が妊娠しやすい時期のピークとなります。

勘違いされている方が多いですが、排卵の2日前から排卵日前日は、実は排卵日よりも約4倍の確率で妊娠します。
そのタイミングを間違えないようにする事が妊娠への近道と言えます。


排卵と妊娠の関係_02

妊娠したい女性にとって、排卵がいかに重要な事かおわかり頂けたでしょうか。

不妊でお悩みの方が治療で使用する排卵誘発剤は、排卵に障害を抱えている方や無月経の治療に使用されますが、不妊治療にも使用されます。

名前の通り排卵を誘発してくれる薬で、卵胞の数を増やし卵子の成長を促すと共に排卵しやすくしてくれる事で、妊娠へと導いてくれるのです。

排卵誘発剤を使用することでの排卵率は7割~8割と高く、妊娠率は2割~4割と言われています。
排卵に問題のない女性や不妊の原因がわからない場合でも自然な形で妊娠へと導いてくれるので、不妊でお悩みの方が試しやすい方法であると言えます。

排卵誘発剤には、経口薬と注射の二種類があり、一般的には経口薬から試してみて、効果が得られなかった場合、注射に変更していく治療法がとられています。

お薬ですので副作用も心配ですよね。
穏やかに効いてくる経口薬の方が比較的、副作用の心配はないと言われています。

注射の場合は卵巣を直接刺激できるため排卵率は非常に高いのですが、その分副作用が起きる可能性は経口薬と比べると高くなってしまいます。

症状としては、多胎妊娠と卵巣過剰刺激症候群で、自然に妊娠した場合の多胎妊娠は1%未満ですが、排卵誘発剤を使用した場合は5%、注射薬では20%と高い確率で起きる事がわかっています。

また、排卵誘発剤による刺激によって卵巣が大きく腫れる卵巣過剰刺激症候群は、重篤な状態になると胸水や腹水が溜まり呼吸困難を引き起こす可能性が懸念されていて注意が必要です。


排卵と妊娠の関係_03

気になる赤ちゃんへの影響は自然に妊娠した場合とほぼ変わらないことが分かっています。

どちらにせよ、まずはきちんと婦人科を受診し、適切な治療を取ることが大切になってきます。


管理人挨拶

管理人挨拶

皆様、はじめまして。

当サイト管理人の牛田重雄(Shigeo Ushida)と申します。

私がこのサイトを開設した理由は、私と、私の妻である京子が不妊に苦しんでいたことに因ります。

私共は様々な妊活を行い、最終的に、冒頭にお読みいただいた排卵誘発剤を使ったことで、ようやく子供を授かることができました。

このサイトは不妊に悩んでいるすべての男女に捧げるアンセムです。

不妊と言うのは夫婦の問題から派生し、国家存続の危機にも繋がる問題です。
ただでさえ日本は逆ピラミッドと言われるほど少子高齢化が進んでおります。
これは非常に危惧すべき事態なのです。

日本の少子高齢化にストップを掛けなければ、今後の日本は発展途上国に成り下がってしまう危険性があります。

現在の保険や年金制度は、高度成長期時代に設計された仕組みであり、高齢者と生産年齢事項の逆転により、年金の受給年齢は遅れ、適切な保険制度が崩壊して介護もままならない状況になるでしょう。

男女共働きにより個の主張が強くなった事が婚期遅れの原因だと思いますが、そうした中にも結婚して子供に恵まれない方々も多数存在しています。
片一方では、子供をおろしている若者が多い中、欲しくても授かれな夫婦も多い矛盾な世の中です。

また仕事ストレスによる不妊症も大きな原因です。

更に、日本人の食事は、戦前と高度成長期で大きく変わり肉類やファストフードが体質さえも変化させてしまったようです。

子供が出来にくい方にお勧めの不妊治療薬は、排卵誘発剤のクロミッドという医薬品です。
この薬には、性腺刺激ホルモンを増やす効果があります。

月経1日目から約5日間を連続で服用する事で、性腺刺激ホルモンが増えて排卵率を向上させます。
結果、妊娠確率も服用前の3倍以上に達し、子供を授かる事に近づくのです。

男性が服用する事でも、性腺刺激ホルモンが睾丸に作用し精子増加に効果的と言われています。

私のあくまで所見ですが、結婚とは彼氏彼女の付き合っている延長だけではなく、お互いの子孫である子供を養い、一緒に苦労を共存していく事だと思います。

2名の子宝に恵まれ、付き合っていた時には見えなかった彼女の母性本能や責任感、私は家計を守る責任を十二分に感じながら、日々幸せを感じています。

私の友人も結婚して数年、子宝に恵まれず苦しんでおりました。
夫婦間で責任の擦り付け合いや思考の擦れ違いから破たん仕掛けていましたが、不妊治療を試みた結果、半年で子宝に恵まれました。
今では最高の不妊治療薬として、排卵誘発剤のクロミッドを周囲の夫婦に進めているようです。

クロミッドの主成分は、クロミフェンクエン酸で排卵障害を改善し、性腺刺激ホルモンを増加させる作用があります。

副作用は、発疹や精神変調、食欲不振や腹痛などありますが、服用になれれば軽減されます。

女性ホルモンを活性にする働きがあり、不妊治療に適しています。

最近では、海外医薬品サイトから個人輸入する通販で購入する若者も増えてきているようなので、少子高齢化の改善に一役かって頂ければと思います。

尚、当サイトで紹介している個人輸入代行会社は、実際に私が排卵誘発剤を購入したサイトなので、安心してご利用いただくことができます。

排卵誘発剤をお探しの方は、ぜひご利用ください。

以上、簡単ではありますが、当サイト管理人の私、牛田重雄(Shigeo Ushida)からの挨拶と代えさせていただきます。

排卵誘発剤クロミッドの通販サイト|お薬110番

不妊になりやすい生活習慣

不妊になりやすい生活習慣

日頃の生活習慣を改善することで妊娠への可能性を高めることができます。ここでは不妊を引き起こす代表的な3つの悪習慣と対策方法を解説します。

≫詳細ページ

病院でおこなう不妊治療

病院でおこなう不妊治療

不妊治療を考えたとき、まず最初に頭に浮かぶのが病院での治療かと思います。ステップごとの治療法と、金額はどの程度かかるのかをご紹介します。

≫詳細ページ

不妊症と不育症の違い

不妊症と不育症の違い

不妊症という言葉は聞いたことがあっても不育症については知らないという方は多いと思います。それぞれの原因と特徴に紐付く違いを記載します。

≫詳細ページ

妊活男子の注意事項

妊活男子の注意事項

不妊の原因が男性側にあることも明らかになっています。妊娠に重要な役割を果たす精子の問題です。男性不妊の主な原因と対策方法を伝授します。

≫詳細ページ


このページの先頭へ戻る

妊娠のメカニズム 不妊症の定義 タイミング法とは クロミッドの服用方法 妊娠するということ