基礎体温の重要性

妊娠における基礎体温の重要性は、妊娠を望んでいる多くの女性はご存知かと思います。

不妊でお悩みの方は必ず測っていると思いますが、妊娠するために必要なたくさんの情報を教えてくれます。

妊娠するため、そしてご自身の体の状態を知るためにも、基礎体温の重要性を理解しておきましょう。

排卵が、妊娠への第一歩であることは前述したとおりです。
排卵と妊娠の関係についてはこちらをお読みください。

月経が始まってから排卵するまでは体温が低い時期で、排卵してから次の月経が始まるまでは体温が高い時期というように、女性の体は一定の間隔で変化を繰り返しています。


基礎体温の重要性_01

しかし女性の体はとてもデリケートなもので、ストレスを受けたり、風邪を引くなどで体調を崩したり、とても些細な事でも月経のサイクルが狂う事はよくあります。

そこで基礎体温の出番です。

排卵は、通常、基礎体温が低温期から高温期になる境界日に発生する現象です。
それに伴い、妊娠の可能性は排卵4日前から高まってゆき、ピークは2日前から排卵前日となります。
妊娠の可能性が一番高いのは、排卵日ではなくその前です。

そのタイミングを逃さないことが重要です。


基礎体温の重要性_02

基礎体温は、毎日同じ状況下で計測する事が正確性においてとても大事です。
起床した時、起き上がる前に測るのが一般的です。

またこの基礎体温からは不妊の可能性の判断にも役立てられます。

・無排卵月経の判断基準
低温期と高温期の差が0.3℃以下の場合
低温期と高温期の境界がはっきりせず、グラフがカタガタな場合

このような場合は月経があったとしても排卵が起きていない無排卵月経の可能性があります。

そのような場合は排卵誘発剤を使用することで排卵を促し妊娠へと導く治療を開始します。

このように、基礎体温の計測は不妊に関係する体の状態を知る事が出来ます。
どのような治療を行うかの判断にも欠かせません。
毎日計測し続ける事が大事ですが、そう神経質にならずストレスにならない程度にぜひ計測を始めてみましょう。

このページの先頭へ戻る

妊娠のメカニズム 不妊症の定義 タイミング法とは クロミッドの服用方法 妊娠するということ